災害協定締結状況

トピックス

福井県と災害協定締結2019.11.08

2019年11月8日、福井県と災害時における応急仮設住宅の建設に関する協定を結びました。
全木協では今回の協定締結によって、36都道府県との災害協定締結になりました。
全木協福井県協会は、福井県工務店支援協会と福井県建築組合連合会の2団体で構成されています。
県庁での締結式には、櫻本宏副知事と大野理事長及び関係者が出席。
櫻本副知事は、「10月の台風19号などの近年災害が多発する中、応援協定は非常に意義がある。
災害時対応の実効性を高めたい」と強調。
大野理事長は、「いざという時に皆さんの役に立ちたい。職人の育成にも努め、万一に備えたい」と述べました。

このページの先頭へ